オンラインショップ メール

無添加化粧品ってどんなもの?

石けん

 

無添加化粧品ってどんなもの?

 

 

この記事を読むための時間:5分

 

無添加と記載されている化粧品は一体どのようなものなのでしょうか。化粧品には有用な成分が多数配合されています。配合成分として余計なものは使用していないという印象を与えやすいのが無添加という言葉ではありますが、人によって捉え方も違うのは確かです。肌にとって良いのは無添加化粧品という考え方も広まりつつありますが、どのように定義されているのでしょうか。無添加の実態をよく知って自分にとってより良い化粧品を選び出せるようにしましょう。

 

 

実はない無添加化粧品の定義

 

無添加化粧品についてまず知っておきたいのが定義です。化粧品は薬事法を代表とする法律によって成分や表示内容などについて細かく規制が行われています。しかし、実はその中に無添加という言葉についての定義はありません。字義通りに見れば添加物を使用していないということになりますが、添加物は種類によっては化粧品を作るために必要なものです。化粧品の滑らかさを出したり、石けんの洗浄力を生み出したりするためには有効成分とされる物質だけでなく添加物も使用することが欠かせません。このため、厳密な意味で無添加と呼べるものはないということになります。そして、定義がないからこそ添加物を大量に使用している化粧品でも表示するだけなら自由なのが実情です。

 

自然

 

表示指定成分が入っていないものが多い

 

闇雲に無添加化粧品という名称が使用されていないのは無添加の意味合いについて業界でもある程度の共通理解が広まっているからです。2001年3月になって化粧品は全ての含有成分を表示することが義務付けられましたが、それ以前には定められている成分以外は表示する必要はありませんでした。当時定められていたのが表示指定成分と呼ばれるものであり、刺激性がある可能性が高いものも含まれていたのは確かです。そのため、表示指定成分を含まないものを無添加化粧品という形で宣伝していることが多くなっています。

 

定義はなくても基本的には刺激性が少ない

 

表示指定成分が入っているかどうかについては個々の化粧品によって異なり、無添加化粧品でも入っていることがあります。ただし、刺激性が少なくて安心して誰もが使えるようにしているという点は業界での共通理解になってきました。アルコールや合成着色料、合成界面活性剤、合成香料などを使用せずに天然原料だけを使うようにして仕上げてある化粧品が多くなっています。企業ごとに社内ルールを作って無添加かどうかを判断していることも増えてきているのが現状です。

 

無添加でも成分をよく見るのが肝心

 

このような状況があるため、無添加化粧品は比較的安心して使えるものである可能性が高いのは確かです。しかし、本当に安全で誰もが安心して使えると示されているわけではなく、人によっては刺激が気になってしまう場合もあります。無添加化粧品を選ぶときにはどのような成分が含まれているのかを自分自身で確認することが重要です。色々な化粧品を使ってみるうちに、この添加物が含まれていると刺激が気になるということがわかってきます。その成分を使用していない化粧品を選べば安心して使えるようになるのです。このような試行錯誤をする以外にも、低刺激性にこだわりを持っている企業の無添加化粧品を使うという方法もあります。刺激になる可能性があるものを一切排除する努力を重ねている企業の化粧品であれば信頼性があるからです。

 

定義がないから安心なものは自分で選ぶ

 

無添加化粧品については法律で定められた定義があるわけではありません。企業ごとにルールを定めていることはありますが、具体的に何が含まれているかは自分で確認しなければならないのが現状です。添加物の使用は化粧品には欠かせないことなので、自分にとって刺激性のないものだけを使用している無添加化粧品を選ぶのが重要になります。無添加で低刺激性なことを重視している企業の化粧品は安心して使えると期待できるでしょう。

 

 

石けんのOEM生産や沖縄石けんなら『First Penguin』

First Penguin(ファーストペンギン)

First Penguin(ファーストペンギン)

First Penguinでは、手作り石けんの販売からOEM生産までを行なっております。自社商品は「沖縄の大地の恵みが詰まった石けん」をコンセプトに「くちゃ」や「月桃」「シークワーサー」などの沖縄素材を使い「コールドプロセス製法」で1点1点手作りしています。OEM生産も承っておりますので是非ご相談ください。

石けんのOEM生産や沖縄石けんなら『First Penguin』

 

 


Top