オンラインショップ メール

無添加化粧品とは何?どんな定義があるのか必見!

石けん

 

無添加化粧品とは何?どんな定義があるのか必見!

 

 

この記事を読むための時間:5分

 

無添加なものが身体に良いというのはよく知られるようになってきました。無添加化粧品とはどのように定義されているものなのでしょうか。化粧品選びをするときに無添加化粧品を選ぶ意味があると判断できるようになるためには知っていなければならないことです。安易に無添加だから良いと考えるのではなく、合理的な考え方からより良い化粧品を選べるようにするために無添加化粧品の定義に関する事実について理解しておきましょう。

 

法律による定義はない無添加

 

化粧品は薬事法によって規制が行われていて有効性や安全性の確保が行われています。過度な宣伝広告の禁止なども行われていて、表示義務についても様々な規制があるのが特徴です。しかし、無添加化粧品と称するために必要な条件については法律上では定義されていません。その意味が大幅に現実と異なっていない限りは無添加と称しても問題はないのです。ガイドラインなども国によって策定されているわけではないため、無添加化粧品には明確な規定はないということになります。

 

女医

 

無添加を字義通りに解釈

 

無添加という言葉の定義を考えてみると無添加化粧品の位置付けがわかります。ある特定のものを配合していないというのが無添加の意味です。化粧品の場合には効果をもたらすのに必要な成分に加えて配合されている添加物として、何かが添加されていないという意味になります。添加物として認められているものが全て含まれていないという意味ではありません。着色料や防腐剤、香料やアルコール、パラベンなどの様々な添加物がありますが、ある化粧品の場合には着色料不使用、別の化粧品ではアルコール不使用という意味である可能性があります。概して添加物としてあまり望ましくないものを添加していないという意味合いを持っている傾向がありますが、具体的に何が使用されていないのかについては個々に確認しなければならないのです。

 

メーカーによる独自の定義もあり

 

無添加化粧品についての明確な定義は存在していませんが、化粧品メーカーでは独自に定義を行っている場合もあります。典型的なのは化学合成された人工の添加物を一切使用していないというものです。合成香料、合成着色料、合成防腐剤などを一切使用せず、香料などが必要は場合には天然原料を用いているという形になっています。この範囲をアルコールやパラベンなどにまで広げている場合もありますが、それとはまた別に無添加かつパラベンフリーといった表記をしている化粧品もあるのが実情です。

 

無添加化粧品の意味は成分表示でわかる

 

化粧品は使用している成分について全て原材料として表示しなければならないとされています。そのため、パッケージに記載されている原材料名を見てみると何を使用しているのかがわかると共に、懸念されるような成分がある場合には使用しているかどうかを確認することが可能です。明確に何かが無添加という形で記載してあれば消費者にとっては助かりますが、その表示義務はありませn。メーカーがセールスポイントにしたいかどうかによってわかりやすい表記になっているかどうかが異なるのです。よく化粧品の詳細について知りたいと考えたら原材料名に目を向けるのが肝心です。

 

意味は曖昧でも無添加であるのには意味がある

 

無添加化粧品には薬事法などの法律によって定められた明確な定義があるわけではありません。ある特定の成分を使用していないという曖昧な意味であり、その内容をメーカーが具体的に表示してくれていないとよくわからないのが現状です。しかし、原材料には使用している成分を全て記載しなければならなくなっているので何を使っていないのかを確認することはできます。わざわざ無添加と称しているからには有害性の懸念があるような化学物質は使用していない化粧品であるという意味合いが込められていることが多いのが実情です。

 

 

石けんのOEM生産や沖縄石けんなら『First Penguin』

First Penguin(ファーストペンギン)

First Penguin(ファーストペンギン)

First Penguinでは、手作り石けんの販売からOEM生産までを行なっております。自社商品は「沖縄の大地の恵みが詰まった石けん」をコンセプトに「くちゃ」や「月桃」「シークワーサー」などの沖縄素材を使い「コールドプロセス製法」で1点1点手作りしています。OEM生産も承っておりますので是非ご相談ください。

石けんのOEM生産や沖縄石けんなら『First Penguin』

 

 


Top