オンラインショップ メール

自然派化粧品とは?無添加化粧品と区別しよう!

自然

 

自然派化粧品とは?無添加化粧品と区別しよう!

 

 

この記事を読むための時間:5分

 

化粧品にはプレミアム価値を付加するためにこだわりを持って作られたものが増えてきました。無添加化粧品はよく知られるようになってきましたが、それと並んで注目を浴びるようになってきたのが自然派化粧品です。自然派とは一体どのような意味を持っているのでしょうか。無添加であることとの関係についても理解すると、自分の肌にとってより良い化粧品を選び出せるようになります。自然派と無添加の違いを明確にしておきましょう。

 

 

自然派と無添加の定義の問題

 

自然派化粧品について知るためには定義を調べるのが最も良い方法ですが、実は自然派化粧品に厳密な定義はありません。国によって定められている法律やガイドラインなどに自然派についての記載はなく、業界で通念として使用されている言葉になっています。無添加についても同様であり、ある物質を添加していないという程度の意味であって厳密にどのような条件を満たさなければならないかについて規制を受けているわけではありません。自然派については自然界にある成分をそのまま配合することによって作られているという意味合いがあり、天然原料を用いているものを広く自然派化粧品と呼んでいます。明確が定義がないので曖昧なまま使用されているのは確かですが、徐々に一定の考え方が広まってきているのが現状です。

 

泡

 

自然派は天然原料を活用

 

自然派化粧品は天然原料を用いているというのが原義ですが、一般的には植物由来の抽出エキスや鉱石などを主原料として配合している化粧品のことを指しています。あくまで天然原料を主な原料として使用しているという意味合いがあるだけで、他の成分を使用していても自然派化粧品としょうしていることも少なくありません、メーカーによって自然派化粧品として市場に出すときに満たすべき基準を定めている場合もあります。天然原料のみしか化粧品として効果を発揮させるための有効成分を含んでいないというのがよくある条件です。単純に主成分として用いているのが化学合成によって作られたものではなく、天然由来のものになっているというだけで自然派と称していることもあります。

 

無添加は特定の物質を不使用

 

無添加化粧品との比較をする上では無添加の意味についても詳しく知る必要があります。添加物を使用していないという意味ではありますが、あらゆる添加物を使用していないという意味ではありません。通常は合成着色料やアルコールなどの特定の物質を使用していないという意味になっています。化粧品の使用感を良くするためには添加物を使用することは不可欠であり、完全に添加物不使用という無添加化粧品を作るのは困難です。メーカーによって無添加と言うための基準が設けられている場合もあるという点では自然派と同じですが、安全性が十分に確保されている添加物のみを使用しているという条件になっている傾向があります。しかし、天然原料を使っているとは限らないので自然派ではない無添加化粧品も少なくありません。また、逆に自然派ではあるけれど無添加ではないという化粧品もあります。

 

自然派と無添加は独立したもの

 

自然派や無添加と称していると化粧品としてはプレミアム価値があるように感じられるのが一般的です。天然原料を使っている自然派と安全性の懸念が否定できない特定の物質を使っていない無添加では大きな違いがあります。自然派でありながらも無添加という化粧品もありますが、どちらか一方の条件だけを満たしているものもあるのです。厳密な定義は自然派にも無添加にも存在していないものの、どちらも安心して利用できる化粧品として条件を多かれ少なかれ満たしている点で魅力があります。どちらか一方だけを冠している化粧品よりも一般的には自然派で無添加という方がより安全に使用できる化粧品として期待できるのです。

 

 

石けんのOEM生産や沖縄石けんなら『First Penguin』

First Penguin(ファーストペンギン)

First Penguin(ファーストペンギン)

First Penguinでは、手作り石けんの販売からOEM生産までを行なっております。自社商品は「沖縄の大地の恵みが詰まった石けん」をコンセプトに「くちゃ」や「月桃」「シークワーサー」などの沖縄素材を使い「コールドプロセス製法」で1点1点手作りしています。OEM生産も承っておりますので是非ご相談ください。

石けんのOEM生産や沖縄石けんなら『First Penguin』

 

 


Top