オンラインショップ メール

無添加化粧品とオーガニックコスメの特徴を紹介します!

化粧品

 

無添加化粧品とオーガニックコスメの特徴を紹介します!

 

 

この記事を読むための時間:5分

 

化粧品を選ぶことは女性にとって非常に重要なことですが、いろいろな種類が販売されているので、どれを選べばいいか迷ってしまいます。ここでは「無添加化粧品」について注目してその特徴を紹介していきます。よく混同されることが多い「オーガニックコスメ」の特徴やその違いについても触れていきます。それぞれ特徴に応じた注意点もありますので、その化粧品が自分の肌質に合っているかどうかを見極めることが重要です。ぜひ参考にしてください。

 

無添加化粧品とは何か?

 

無添加化粧品とは人工添加物が用いられていない化粧品のことを指します。この人工添加物とは保存料、着色料、防腐剤などのことであり、化粧品の見た目を良くすることや、長く使用することができるようにすることで消費者の購買意欲を刺激するために、しばしば配合されるものです。しかしながら、これらの物質が含まれている化粧品を使うと、肌質によっては肌トラブルを引き起こす可能性が高いです。もともと肌へのダメージに強い人と弱い人がいるのは、肌のバリア機能の差です。刺激から肌を守るために表皮がありますが、そこにバリア層とよばれる角質層があります。そこが傷ついていたり、機能が低下しているときはちょっとしたことで肌がピリピリと痛みやすいです。刺激に弱い肌質を持っている人は無添加化粧品を使用した方がいいでしょう。

 

ただし、無添加化粧品は人工添加物が使われていませんが、化学物質が完全に含まれていないわけではありません。肌に刺激がないように肌に悪影響をもたらす化学物質を極力減らして作られているだけであって、天然由来の原料だけで構成されているわけではありません。もちろん、化学成分だからといってすべてが悪いわけではありません。重要なことは肌に刺激のある化学成分かどうかです。また、そもそも配合成分それ自体が少ないという特徴ももっているのが無添加化粧品です。

 

 

化粧品

 

オーガニックコスメとは?

 

無添加化粧品とよく混同されがちなものとしてオーガニックコスメがあります。オーガニックコスメとは無農薬で育てられたオーガニック野菜からつくられた化粧品のことです。いわば天然由来の化粧品のことです。オーガニックコスメの大きな特徴は、天然の植物だけしか使用していないことです。そのため、どうしても保存期間が短いので使用期限をきちんと守って使うようにしましょう。もしその期間を超えて肌に使用した場合には肌トラブルの原因になることもありますので注意しましょう。また、オーガニックコスメは天然由来だからこそアレルギーを持っている人が使用すると危険です。オーガニックコスメを使うときには成分表をきちんと見て自身のアレルギーが配合されていないか必ず確認しましょう。

 

無添加化粧品とオーガニックコスメの違いとは?

 

無添加化粧品は肌に影響がないと見られる化学合成物質が含まれている場合があります。しかしながら、自身の肌に影響がある化学物質がないか確認する必要があります。一方、オーガニックコスメは有機野菜から抽出したエキスだけを原料にしています。そのため、原料が天然由来かどうかが、無添加化粧品とオーガニックコスメの大きな違いになります。それぞれメリットと注意点がありますので、人の肌質によってどちらがいいか変わってきます。事前に成分表を確認して実際に肌に合うものを使いましょう。

 

まとめ

 

無添加化粧品は肌への刺激を抑えるために人工添加物が含まれていません。そういう意味では肌が弱い人にとてもおすすめの化粧品です。また、同じようなものと考えられているものとしてオーガニックコスメがあります。こちらは天然由来の化粧品なので、人工添加物どころか化学成分が全く入っていません。ただし、人によってはアレルギーを引き起こす危険性もあります。どちらも一長一短がありますので、どちらの方がいいかは人の肌質によって異なります。

 

 

石けんのOEM生産や沖縄石けんなら『First Penguin』

First Penguin(ファーストペンギン)

First Penguin(ファーストペンギン)

First Penguinでは、手作り石けんの販売からOEM生産までを行なっております。自社商品は「沖縄の大地の恵みが詰まった石けん」をコンセプトに「くちゃ」や「月桃」「シークワーサー」などの沖縄素材を使い「コールドプロセス製法」で1点1点手作りしています。OEM生産も承っておりますので是非ご相談ください。

石けんのOEM生産や沖縄石けんなら『First Penguin』

 

 


Top