オンラインショップ メール

どう違う?石けんと合成洗剤

石けん

 

どう違う?石けんと合成洗剤

 

 

この記事を読むための時間:15分

 

石けんと合成洗剤に対してどのようなイメージを持っていますか?石けんは肌や環境に優しい代わりに汚れが落ちにくい、合成洗剤は汚れがよく落ちる代わりに肌荒れを引き起こし環境にも悪影響を及ぼす。そんな印象を漠然と持っている人が多いのではないでしょうか。全体的には間違ってはいないのですが、やや単純化されすぎているきらいがあります。実際のところ両者はどう違うのか、それぞれの成分や特性を具体的に見ていきましょう。

 

 

石けんの原料と作り方

 

石けんは動植物性の油脂から作られています。ヤシ油・菜種油・牛脂・オリーブ油などで、天ぷら廃油を利用している場合もあります。これらの油脂をアルカリ性の水酸化ナトリウム(苛性ソーダ)か水酸化カリウム(苛性カリ)で加水分解することで得られる脂肪酸ナトリウムもしくは脂肪酸カリウムがいわゆる石けんです。固形石けんと粉石けんは脂肪酸ナトリウム、液体石けんは脂肪酸カリウムから出来ていて、洗浄力は原料となった油脂の種類によって変わってきます。

 

泡

 

合成洗剤の材料と作り方

 

一方、合成洗剤は主に石油から作られます。まず石油を原料にしたアルキルベンゼンや高級アルコールなどを硫酸化してから苛性ソーダのようなアルカリで中和します。こうして得られた合成界面活性剤にアルカリ剤・水軟化剤などの助剤や酵素・漂白剤などの性能向上剤を適宜組み合わせて合成洗剤が完成します。石けんと同様に動植物性油脂から作られる合成洗剤もあり、石油由来のものに比べてナチュラルなイメージで流通しています。しかし硫酸化の工程を経ているので、実質的には石油系の合成洗剤と特に変わりません。

 

薬品

 

石けんと合成洗剤の界面活性機能

 

石けんと合成洗剤の大きな違いは、上でも挙げた硫酸化という工程の有無にあります。石けんや合成洗剤の洗浄作用は両者の界面活性剤としての性質に由来します。界面活性剤とは本来溶け合わない二つの物質を溶け合わせる(乳化する)機能を持つものを指す言葉です。界面活性剤は油に馴染みやすい親油基と水に馴染みやすい親水基を合わせ持っているため、親油基が衣服に浸透して油などの汚れを吸着し、それを親水基が洗濯用の水に溶かしこむことが可能になるのです。この親水基が石けんの場合は弱酸性のカルボン酸なのに対し、硫酸化を経た合成洗剤では強酸の硫酸になっています。カルボン酸は濃度が薄まると界面活性剤としての効力を失いますが、硫酸は濃度が薄まっても効力を失いにくいという短所があります。効力が持続するのがなぜ短所かというと、衣服に残留して皮膚を刺激したり、排水を通じて環境を汚染したりする可能性が懸念されているからです。

 

困りものの石けんかす

 

洗濯に際して石けんを使うのを嫌う人がその理由に多く挙げるのが石けんかすです。カルボン酸が水中のカルシウムやマグネシウムと結合してできる金属石けんと、汚れに対して石けんが足りない時にできる酸性石けんが中心になります。これらがせっかく洗った衣服に付着してかえって服を白く汚してしまうのが、石けん最大の問題点と言っていいでしょう。逆にこの石けんかす問題を克服したことが合成洗剤最大のメリットと言えます。硫酸はカルボン酸と違って水中の金属物質と結合しにくく、したがって石けんかすが出ないのです。ただこれは先に挙げた短所にも繋がっています。水中の金属と結合しにくいがゆえに、合成洗剤は無害化されずに環境に流出してしまう恐れがあるわけです。他方の石けんは石けんかすが付き物の代わりに、皮膚や環境に悪影響を与える心配はほぼありません。

 

自然

 

炭酸塩って何?

 

もう一つ、石けんと合成洗剤の違いとして添加剤の種類があります。合成洗剤には石けん分以外の成分、さまざまな助剤や性能向上剤が30%以上含まれています。それに対して炭酸塩などのアルカリ剤が入っているほかは100%石けん成分のみとなっています。添加剤が多ければそれだけ肌に刺激を与える可能性が高くなります。肌の弱い人が刺激を避けて石けんを選ぶことが多いのも頷けます。ちなみにこの炭酸塩ですが、衣類の汚れによって酸性に傾きがちな洗濯液をアルカリ性に保つことで酸性石けんができるのを防ぐ効果があります。洗浄力が増すのでそのぶん石けんの使用量が少なくて済み、コストの節約にもなります。それに合成洗剤に比べて環境への負荷が少ない石けんとはいえ排出量を抑えるに越したことはありません。液体石けんはたいてい無添加なので、洗濯には炭酸塩入り粉石けんの方が適しています。ただ絹やウールなどアルカリに弱い材質の衣料を洗う場合は、炭酸塩の入っていない無添加石けんを使った方がよいでしょう。そのうえで炭酸塩よりアルカリ性の弱いセスキ炭酸ソーダを小さじ1杯程度加えると、洗濯液が酸性になるのを防ぎかつ服を傷めずに洗うことができます。もしくは炭酸塩入りの石けんに重曹を少し加えてアルカリ性を弱める方法もあります。炭酸塩は安全性の高い添加物ですが、肌が敏感な人はすすぎの最後の段階でお酢やクエン酸を足して水を中和するのがおすすめです。

 

体用石けんと台所用石けん

 

ここまで主に洗濯石けんの話をしてきましたが、体や顔を洗うために使う化粧石けんや洗顔石けんについても少し触れておきましょう。洗濯に使うには基本的に炭酸塩入りが適していましたが、炭酸塩は脱脂力が強いので肌を直接洗うことには向きません。石けん成分が100%近くを占める無添加石けんが妥当です。無添加石けんでもまだ刺激が強いようなら、グリセリンや植物エキスの入った保湿力の高いものを選ぶとよいでしょう。また台所石けんは肌に直接触れる一方で頑固な油汚れも落とす必要があるので、洗浄力が強く肌にも極力優しいものが望ましいです。洗浄力を重視してケイ酸塩や炭酸塩の入った固形石けんないし粉石けんを選ぶなら、肌の弱い人はゴム手袋をつけた方が無難です。手荒れを避けるためにアルカリ剤不使用の液体石けんを使う場合は、汚れのひどいものだけアルカリ液のスプレーや重曹を利用するとよいです。また体や食器を洗う際には泡立ちも重要です。泡立ちの良さと洗浄力はイコールではありませんが、泡には汚れを浮かび上がらせて包み込む機能があります。表面をスポンジなどでこすって洗う場合、スボンジをよく泡立てることで汚れ落ちがよくなるのはこの機能が作用しているためです。

 

大切なのは使い分け

 

ここまで読んできて、石けんと合成洗剤に対する当初のイメージは多少変わったでしょうか。石けんは洗浄力自体は高いのですが、洗濯に関しては石けんかすが衣類に付着しがちなために洗い上がりがよくない、汚れが落ちないと思われてしまう傾向があります。これは炭酸塩入りの石けんを使うことである程度カバーできます。そしてアルカリ剤入りの石けんは脱脂力が強いので、特に皮膚の弱い人は用途に応じて手袋を使用したり無添加石けんと使い分けることが肝要です。現在はコストと使い勝手の良さから合成洗剤を利用する人が圧倒的に多く、石けんを使っているのは敏感肌の人か環境問題に関心の強い人がほとんどではないでしょうか。石けんは5000年もの昔から使われてきた、いわば安全性を保証された界面活性剤です。対して化学的に製造された合成洗剤はその十分の一の歴史もありません。環境や人体に与える影響は未知数です。新しいもの、便利なものを否定するわけではありませんが、石けんの優れた点がもう少し見直されてもよさそうなものです。石けんを暮らしの中に上手く取り入れ合成洗剤と使い分けることで、より健康的な生活が送れるかもしれません。

 

 

石けんのOEM生産や沖縄石けんなら『First Penguin』

First Penguin(ファーストペンギン)

First Penguin(ファーストペンギン)

First Penguinでは、手作り石けんの販売からOEM生産までを行なっております。自社商品は「沖縄の大地の恵みが詰まった石けん」をコンセプトに「くちゃ」や「月桃」「シークワーサー」などの沖縄素材を使い「コールドプロセス製法」で1点1点手作りしています。OEM生産も承っておりますので是非ご相談ください。

石けんのOEM生産や沖縄石けんなら『First Penguin』

 

 


Top