オンラインショップ メール

石けんに含まれている界面活性剤と合成界面活性剤の違い

石けん

 

石けんに含まれている界面活性剤と合成界面活性剤の違い

 

 

この記事を読むための時間:15分

 

石けんの洗浄力の源ともいえる界面活性剤は、水と油など混ざり合わない二つの物質の境目で、両者を混ざりやすくする働きを持つ物質です。この作用は、大豆や卵黄、牛乳などに含まれる天然の成分にもありますが、人工のものについては家庭用品品質表示法において、「石けん」とそうでないものを「合成界面活性剤」として区別しています。この、石けんと合成界面活性剤にはどのような違いがあるのか、それぞれについて詳しく紹介したいと思います。

 

界面活性剤の働きについて

 

まずは、界面活性剤にはどのような作用があるかを理解しておきましょう。その構造としては、水になじみやすい親水基と、水以外になじみやすく水にはなじまない疎水基から成っています。親水基がマッチの頭部分だとすると、疎水基が木の棒にあたります。界面活性剤には、水に親水基を向け、空気や個体、油などの水以外の物質には疎水基を向けた状態で境界に吸着する性質があり、これによって表面張力が弱まり、物が水に濡れやすくなります。

 

また、その濃度が高まり界面に吸着しきれなくなると、水の中で界面活性剤同士が疎水基を内側にしてミセルという球状の状態をとります。この中に油などを取り込み、水に溶けやすくする作用があるのです。これらの作用によって水と油が混ざり合った状態になることを乳化、すすなどの個体については分散と言います。洗浄の際にもこの界面活性剤の性質は大いに活用されており、汚れをものから剥がして水に溶かし、再び付着することを防いでくれます。他にも、マヨネーズなどの食品や化粧品で乳化剤として活用されているのに加え、軟膏などの医薬品や工業や農業など幅広い分野でなくてはならないものとなっています。

 

科学者

 

石けんの特徴とその歴史

 

石けんとは、端的に言えば脂肪酸のアルカリ塩です。脂肪酸とグリセリンで構成される動植物の油脂を、水酸化ナトリウムや水酸化カリウムと共に加熱することで比較的簡単に作ることができます。油脂を水酸化ナトリウム(苛性ソーダ)で煮ると、固形や粉状で使われるソーダ石けん(脂肪酸ナトリウム)となり、水酸化カリウム(苛性カリ)で煮たものは液体のカリ石けん(脂肪酸カリウム)として用いられます。合成界面活性剤と比べると洗浄力は弱く、水で薄まると界面活性作用がなくなるという特徴があります。一見良くないことなのではと思うかもしれませんが、水分が大半を占める生体に吸収されても比較的安全であるとも言えます。

 

また、天然の素材を用いているため、生分解性も高いです。その歴史は古く、遊牧民が薪で羊の肉を焼いた際に、その油が垂れてアルカリである灰と反応したものが起源とされています。紀元前3000年頃のメソポタミア文明の粘土板に、楔形文字で石けんの製法が記されていることから、5000年以上使われてきた最も古い界面活性剤と言えます。8世紀になると、南ヨーロッパで家内工業として本格的に製造が行われるようになり、アルカリを工業的に製造する方法が編み出された18世紀末には、大量生産によって世界中に普及します。日本には戦国時代に種子島に伝来したとされていますが、庶民でも手に入るようになるのは明治期になってからです。石けんの普及は、その殺菌効果による衛生状態の改善で、伝染病や皮膚病の抑制に貢献しました。現代においても、その肌への優しさから多くの人に愛用されています。

 

泡

 

合成洗剤と合成界面活性剤

 

合成洗剤とは、合成界面活性剤が洗浄成分に使われている洗剤で、合成界面活性剤を語る上で切り離すことはできません。石けんと同様に粉・固形・液体のものが存在しますが、その歴史は石けんに比べると新しく、洗浄剤として石けんが一般的だったヨーロッパに起源があります。ミネラルとの相性が悪く、泡立ちが悪くなってしまうという弱点のある石けんは、水道水が硬水であるヨーロッパではあまり使い勝手は良くありませんでした。19世紀のドイツにおいて、これを克服しようとオリーブ油に濃硫酸を反応させた後、アルカリで中和したものが最初の合成界面活性剤と言われています。

 

しかしこれにはあまり洗浄力はなく、染色の際に助剤として使用するのが主な用途でした。その後、二度の世界大戦がその研究を大いに加速させることになります。食用油の不足から、これを用いない界面活性剤が必要となったためです。石油から合成されたABSという洗剤は、戦後急速に普及しましたが、環境によって分解されにくく、下水処理に問題がありました。そこで開発されたのが、同じく石油系の合成界面活性剤・ラウリル硫酸Naです。ラウリル硫酸Naは石けんとは異なり、硬水でも泡立ちがよく、ヨーロッパでは洗剤としてだけではなく、体や顔を洗うのにも使われました。

 

しかし、ラウリル硫酸Naはその強い洗浄力と引き換えに刺激が強く、毒性も報告されるなどの欠点がありました。また、肌の奥深くへと浸透する性質と相まって、肌トラブルを多数引き起こしたのです。これを改善するために、肌に浸透しにくい構造に改良したのがラウレス硫酸Naです。刺激や毒性が肌に与える影響を抑えられ、肌トラブルが激減したことで、今なおポピュラーな、シャンプーやボディーソープの洗浄成分として世界中で使用されています。

 

石けんと合成界面活性剤の違いと現状

 

以上を踏まえると、石けんは肌に優しい一方で泡立ちや洗浄力が弱いのに対し、石油系の合成界面活性剤は洗浄力が強い反面、肌への刺激が強くトラブルを起こす危険性があると言えます。肌や髪は表面に油膜を形成することで、水分を保ち刺激から身を守っています。合成界面活性剤は、この肌表面の油分を過剰に洗い流してしまうので、肌のバリア機能を弱め乾燥によって痒みを引き起こしたり、フケやニキビの原因となる恐れがあります。よって、現在では乾燥を抑える保湿成分と併用したものが大半となっていますが、根本的に問題が解決されたわけではありません。石けんと比べると、肌や髪にダメージを与えるのに加え、下水が河川に流れてヘドロの原因になったり、魚のエラに詰まるといった環境汚染の一因とも言われているのです。

 

泡

 

一説には肝臓障害やがんを引き起こすとも考えられています。シンプルな製法で、体や環境への負担の少ない石けんは、このような問題はほぼありません。もちろん、ラウレス硫酸Naの弱点を克服した合成界面活性剤の研究・開発は行われています。しかし、その欠点を補って余りあるコストの安さが、未だに多くの製品でラウレス硫酸Naが使われる要因となっています。新たに開発された合成界面活性剤の多くは、その値段が何倍にも膨らんでしまい、消費者のシャンプーやボディーソープに対する価格イメージからかけ離れてしまうためです。高額過ぎるとなかなか手に取ってもらえないため、現状肌や髪への負担は、多少ならば黙殺される傾向にあります。一方で、敏感肌であったり、ラウレス硫酸Naのような成分が肌に合わない人や美容目的でも、肌への負担が少ない石けんやシャンプー・ボディソープを求める声は少なくありません。新たに開発された界面活性剤も決して店頭に並ばない訳ではないので、体質や価格によってある程度の選択肢が確保される状況となっています。

 

正しい知識で界面活性剤と向き合う

 

界面活性剤は、全てが悪い訳ではありません。逆に、これがないと体や髪を洗ったり、洗濯や食器洗いさえできなくなります。どんな界面活性剤でも多少は肌や髪にダメージを与えてしまうものなので、日に何度も洗うなど、使い方を間違えば洗浄力の弱いものでも悪影響は避けられません。ただ、一番気を使うべきはやはり安全性ではないでしょうか。お財布とも相談することになると思いますが、この記事を参考に自分に合ったものを探し出してもらえればと思います。

 

 

 

石けんのOEM生産や沖縄石けんなら『First Penguin』

First Penguin(ファーストペンギン)

First Penguin(ファーストペンギン)

First Penguinでは、手作り石けんの販売からOEM生産までを行なっております。自社商品は「沖縄の大地の恵みが詰まった石けん」をコンセプトに「くちゃ」や「月桃」「シークワーサー」などの沖縄素材を使い「コールドプロセス製法」で1点1点手作りしています。OEM生産も承っておりますので是非ご相談ください。

石けんのOEM生産や沖縄石けんなら『First Penguin』

 

 


Top