オンラインショップ メール

化粧品をネットで販売する際の薬事法におけるOK・NGフレーズ

医師 薬品

 

化粧品をネットで販売する際の薬事法におけるOK・NGフレーズ

 

 

この記事を読むための時間:15分

 

最近ではネットでのショッピングが当たり前のようになり、化粧品をネットで購入するという人も多いのではないでしょうか。中にはネットでのみ販売している化粧品もあります。販売する側からみても注目の販売方法ではありますが、ネットで販売するということは製品の効果効能などを、文言として表現し、世界中に発信するということでもあります。その際に使ってはいけない言葉、用語などはあるのでしょうか。化粧品に関する法律は薬事法に定めがあります。その薬事法によって判断された、使っても良いフレーズ、これを使うと薬事法違反というNGフレーズを事例とともに紹介します。

 

薬事法で定める化粧品の定義

 

そもそも、薬事法で定める化粧品とは何を言うのでしょうか。この定義は第2条第3項に定められています。「この法律で「化粧品」とは、人の身体を清潔にし、美化し、魅力を増し、容貌を変え、又は皮膚若しくは毛髪を健やかに保つために、身体に塗擦、散布その他これらに類似する方法で使用されることが目的とされている物で、人体に対する作用が緩和なものをいう。

 

ただし、これらの使用目的のほかに、第1項第2号又は第3号に規定する用途に使用されることも併せて目的とされている物及び医薬部外品を除く。」とされています。条文中の第1項第2号又は第3号とは、「人や動物の病気の治療、予防目的に使用するもの」「人や動物の身体の構造または機能に影響を及ぼすことが目的のもの」です。つまり簡単に言うと、人の身体に使うものであって、その中で、病気を治すとか機能に大きな影響を及ぼすという程ではない、作用が緩やかなものが化粧品ということになります。

 

石けん

 

薬事法に定める一般化粧品と薬用化粧品の違い

 

しかし、私たちが普段化粧品と思って使っているものの中にも、表示をよく見ると、医薬部外品や薬用化粧品というものがあります。これは一般的な化粧品とどこが違うのかというと、目的としている効果に違いがあります。違いの一部を紹介します。

 

〇石けんの場合の効果

 

・一般的なもの…皮膚を清浄にする

 

・医薬部外品…皮膚を清浄にするということに加えて、皮膚の殺菌、消毒などが加わる

 

〇化粧水、乳液などの効果

 

・一般的なもの…肌を引き締める、肌のきめを整える、肌をやわらげるなど

 

・医薬部外品…一般的な効果に加えて、ニキビを防ぐ、日焼けによるシミそばかすを防ぐなどが加わる医薬部外品と薬用化粧品との違いは呼び方の違いだけで、石けんや日焼け止めなど化粧品と同じように使用する医薬部外品を薬用化粧品と呼ぶことがあります。

 

足を触る女性

 

化粧品一般におけるNGフレーズ集(東京都の判断事例より)

 

化粧品の効果効能の表現として認められるものとしては、薬事法にその具体的な文言が掲載されています。これらを踏まえた上で、薬事法によって化粧品の販売においてNGとされるような表現、フレーズには以下のようなものがあります(薬事法をもとに判断された東京都での事例です)。

 

・「シワのトリートメント」

薬用化粧品においてはシワの改善予防の効果は表現できません。

 

・「妊娠線・肉割れの予防」

薬用化粧品においては表現できません。

 

・「レチノール/ホエイプロテイン配合(配合目的が記載されていない)」

有効成分以外の成分を特記して紹介する場合には認められた配合目的を記載しなければなりません。

 

・「約束できる」といった文言の使用

前後に効果効能を記して「約束できる」という文言を使った場合は、効果効能の保証表現にあたり、認められません。

 

・「こじわの気になる部分に」

化粧品において「こじわ」を言及できるのはメークアップ効果によって「目立たなくする」旨が明らかな場合のみです。

 

また、成分の表示などに虚偽や誤りがあってはならないのは勿論のことです。ネットで化粧品を販売する場合にも、まずはこうした化粧品における一般的な薬事法のルールに抵触しないようにしなければなりません。

 

 

その他気を付けるべきフレーズ

 

その他にもNG事例があります。

 

△効果効能について効果効能を保証するかのような表現は認められません。特に、使用前後の図を示すことは薬事法違反になります。

 

△フリーラジカル、抗酸化に関する化粧品フリーラジカル、抗酸化に関する化粧品も最近では増えていますが、「肌のサビを取り除く」「抗酸化をブロック」「フリーラジカルを無害化」といったような表現は薬事法違反となります。

 

△ピーリングとケミカルピーリングピーリングについても注意が必要な表現があります。「シミそばかすを取り除きます」「シワのない肌がよみがえります」など、シミ、シワに触れる表現は化粧品の効果効能を超えているため違反となります。また、「ケミカルピーリング」という表現はNGです。ケミカルピーリングとは薬剤の作用によって皮膚の角質を除去する意味と解されており、化粧品の定義の中の「作用が緩和なもの」を超える表現だからです(「ピーリング」はOKです)。

 

△アロマとアロマセラピー香りで心身をいやすアロマも人気ですが、次のような表現もNGです。「アロマセラピー」の「セラピー」は「治療」を意味するため、化粧品においての使用はできません。「アロマ」はOKです。その他「アロマで肌の疲れを回復」「エッセンシャルオイルが肌の血行を促進」などの表現も認められません。今のところ、アロマによる効果というのは化粧品としての効果効能とは認められていないからです。

 

これらがNGフレーズ集ですが、このほかにも前後の表現の仕方などによってもNGとなる場合もありますので、ケースバイケースで変わってくると言えます。

 

止める医師

 

ネット販売で広告を打つ際に気を付ける事、フレーズ

 

ネットで化粧品を販売する際に、ネット上に広告を掲載したいという場合もあるでしょう。その場合にも使ってはならないフレーズ、守らなければならないルールがあります。詳しくは広告を掲載する媒体ごとにルールがありますので、そちらをよく確認することが必要ですが、一般的な広告ルールとしては、

 

・虚偽の記載がないこと。

 

・サービスが全ての法、規定、ガイドラインに準拠していること(化粧品であればそもそもその化粧品が薬事法に違反していてはダメということですね)。

 

・広告に、宣伝する会社、製品、サービス、ブランドが明記されていること。

 

やはりまずは、その表現が、薬事法やそれに準拠したガイドラインなどに抵触していてはいけないということが第一です。そのうえで、掲載する媒体個々のルールを守ることが必要です。

 

そもそもそれは広告なのか

 

ネットでの販売においては、そもそもそのページが広告となるのかも、その表現が適切かどうかを判断するうえで重要になります。ネットに関わらず薬事法における広告の定義一般としては・顧客を誘引する意図が明確であること・特定医薬品等の商品名が明らかにされていること・一般人が認知できることが広告とされています。広告かどうかの判断においてネット特有のものは、トップページにおいて販売する医薬品名等が示されていなくても、そこから移動できる先のページで品名が示されて販売が行われている場合、広告にあたるとされています。また、ページに入る時にIDやパスワードの入力をしてから入る会員ページであっても、「一般人が認知できないとは言えない」とされ、広告とみなされています。

 

まとめ

 

以上をまとめると、ネットで化粧品を販売する際にNGとなるようなフレーズは

 

・過剰に効果効能を謳ったようなフレーズ。

 

・医薬部外品でしか謳えない効果効能を、一般化粧品で謳っているもの。

 

このようなフレーズは前後の表現にもよりますが、NGとなりやすいです

 

また、ネット販売特有のものとして、ネット広告についても

 

・その一般人の認知のしやすさから、掲載主が広告のつもりではなかったとしても広告とみなされることもある。

 

・ネット上での広告に関しては掲載する媒体のルールを守る必要があるが、まずは薬事法の定めを守る事。薬事法で一般にNGフレーズとなるような表現は広告する際にもNGフレーズとなる。でした。

 

薬事法は細かいルールが定められており、非常に難しく感じるものです。しかし、化粧品は人の身体に使用するものであることから、虚偽があったり人の誤解を招くようなことがあってはいけません。安心して化粧品を使うためにも、薬事法の基本的なところは知っておいて損はないかもしれません。

 

 

石けんのOEM生産や沖縄石けんなら『First Penguin』

First Penguin(ファーストペンギン)

First Penguin(ファーストペンギン)

First Penguinでは、手作り石けんの販売からOEM生産までを行なっております。自社商品は「沖縄の大地の恵みが詰まった石けん」をコンセプトに「くちゃ」や「月桃」「シークワーサー」などの沖縄素材を使い「コールドプロセス製法」で1点1点手作りしています。OEM生産も承っておりますので是非ご相談ください。

石けんのOEM生産や沖縄石けんなら『First Penguin』

 

 


Top