オンラインショップ メール

石けんシャンプーのメリットとデメリット〜さらに効果と特徴も〜

石鹸

 

石けんシャンプーのメリットとデメリット〜さらに効果と特徴も〜

 

 

この記事を読むための時間:15分

 

あなたは石けんシャンプーをしたことがありますか?皆さんは一般的に市販されているシャンプーをご利用していることと思いますが、今回は石けんシャンプーをすることによるメリットとデメリットを説明するとともに、石けんとは?についても触れて効果、特徴についてのお話をさせてもらいます。今まで知らなかった石けんについての情報をお届けできればと思います。さらに、この記事を参考に石けんシャンプーに是非チャレンジしてみてください。

 

始めに「石けんシャンプー」について

 

石けんは動植物のあぶら(脂肪、脂肪酸)をアルカリで反応させた界面活性剤の一種です。石けんは生分解性が良く、環境に良いとされる界面活性剤で、アニオン界面活性剤に分類されます。石けんは大きく2つに分類されます。脂肪酸ナトリウム(ソーダ石けん)である、油脂や脂肪酸を水酸化ナトリウムで反応させた、固形石けんや粉石けん。2つめは脂肪酸カリウム(カリ石けん)である油脂や脂肪酸を水酸化カリウムで反応させた、液体石けんです。シャンプーは石油系(高級アルコール系)、アミノ酸系、そして上記に書いた脂肪酸ナトリウムや脂肪酸カリウムを使用している石けん系の3つに分類されます。ちなみにCMでもよく見るシャンプーの多くは石油系に分類されます。

 

シャンプー

 

石けんシャンプーの特徴

 

石けんシャンプーは主に、「水、カリ石けん素地、グリセリン」といった成分が含まれているものがほとんどです。グリセリンは動植物を原料とする保湿成分で無害です。したがって石けんシャンプーは自然物を原料とする成分からできており、分解性が高いため流しても川や海、自然を汚さない環境に優しいシャンプーです。石けんは生分解性が高いこと、洗浄力の高さが魅力的であり、さらに、天然素材で作られていることや、古い歴史があることも魅力の一つです。

 

泡を持つ女性

 

石けんシャンプーするメリットとは

 

石けんシャンプーのメリットにはどのようなものがあるでしょうか。まず、洗浄力が高いが石油系に比べては洗浄力はおだやかであり、自然物を原料とするため環境に優しく髪質に合えば綺麗で健康な髪になれます。低刺激な成分を使っているものが多いので、アレルギー体質の人や頭皮トラブルを起こした経験がある人にとっては効果的と言えます。さらに、歴史が長く古くから使われていて、比較的安価なものが多いです。このように、洗浄力の高さや頭皮や髪、環境に優しいのがメリットとして挙げられます。

 

石けんシャンプーをするデメリットとは

 

逆に石けんシャンプーをすることでのデメリットについてお話します。洗浄力が高いことをメリットとして挙げましたが、場合によっては洗浄力が高すぎてしまい、余分な皮脂を取り去ってしまうおそれがあります。このことから、元々皮脂が多い人は良いのですが、皮脂が少ない乾燥肌の人には合わない可能性があります。

 

さらに、洗浄力が高いため、髪を染めている人などはカラーの退色が早くなってしまうこともあります。石けんシャンプーだけではなくその他のシャンプーでも言えることですが、洗髪した際しっかりと洗い流さないと石けんカスが残留してしまい、フケなどが多くでる原因にもなります。最初は意外と使い心地が悪いと感じることもあるかもしれません。石けんシャンプーはアルカリ性であるため、髪がきしみやすいという問題もあります。しかしこれはシャンプー後のリンスや上手な洗髪により解消が可能です。

 

シャンプー

 

石けんシャンプーでの上手な洗髪、リンスの重要性

 

先ほど石けんシャンプーのデメリットでお伝えしたように、石けんシャンプーはアルカリ性です。アルカリ性により、髪がきしむような感覚を感じます、これは髪のキューティクルを開いてしまっていることが原因です。そのために酸性や弱酸性のリンス(酢リンスやクエン酸リンスなど)でアルカリ性を中和することでキューティクルを閉じてあげましょう。石けんシャンプー後はしっかりとリンスをして、髪のキューティクルを閉じ髪への負担を軽減させるのです。

 

酢を使った手作りリンスも効果的

 

余談ではありますが、弱酸性リンスなどは市販でも販売されています。しかしお湯を入れた洗面器に食用の酢やレモン汁、クエン酸などを大さじ1杯入れてかき混ぜ、これを髪に馴染ませ1~2分たったら洗い流すという方法もあります。洗っている間はお酢のにおいがしますが、洗い流し、乾かせば無臭になります。

 

石鹸シャンプーの方法

 

上手な石けんシャンプーの仕方は下記の手順を参考にしてください。

 

1、ヨゴレを浮かすために、洗髪前に髪全体にブラシでブラッシングこうすることで、頭皮や髪に絡まっているヨゴレが浮きでてしっかりと洗髪することができます。

 

2、髪をすすぐ髪と頭皮をお湯でしっかりとすすぎます。シャンプー前にすすぎでとれるヨゴレを洗い流すとともに、髪に水分を含ませます。髪に水分が含んでいないとシャンプーの泡立ちが良くありません。

 

3、1度ザッとシャンプーで洗す1度目のシャンプーは髪のヨゴレや頭皮の皮脂であまり泡立ちません。無理にゴシゴシせず軽く泡立て髪全体を洗いましょう。

 

4、2度目のシャンプーはマッサージを含めた洗髪2度目はシャンプーがよく泡立ちます。頭皮のマッサージをしながらヨゴレを洗浄していき、指の腹を使い揉むように洗髪します。マッサージを含めた洗髪は血行が良くなると共に毛穴のヨゴレを取る効果につながります。優しく丁寧に洗髪してください。

 

5、石けんシャンプーのカスを残さないようにすすぎをする洗髪し終わったら、しっかりとお湯で洗い流します。せっかく取ったヨゴレや石けんカスを頭皮に残さないように、入念にすすいでください。この時すすぎが不十分だとヨゴレやカスが残りフケが増える要因になったりします。

 

6、酸性や弱酸性のリンスで髪のお手入れを石けんシャンプーはアルカリ性のため、酸性や弱酸性のリンスで髪のキューティクルを閉じてあげます。リンスはなるべく頭皮に付けないように、髪全体に馴染ませるようにつけていきます。

 

7、リンスを洗い流すリンスを付け1~2分たったら、お湯でしっかりと洗い流します。すすぎ残しがあるとリンスの効果をかえって悪くしたり、頭皮にリンスのカスが残ったりしてしまいます。すすぎ残しがないようにしっかりと洗い流しましょう。

 

8、タオルドライやドライヤーでしっかりと髪を乾かす。

 

以上が石けんシャンプーの上手な洗髪の仕方になります。

 

石けんシャンプーが合う人、合わない人とは

 

石けんシャンプーは高い洗浄力、高い安全性とは言いますが、やはり肌に合う人、合わない人がいます。石けんシャンプーが合う人の特徴として、頭皮にヨゴレが多い人や皮脂のバランスなどが乱れて多く分泌されている人が挙げられます。このような人は洗浄力は高いためしっかりと洗浄できておすすめです。

 

また、人工的な成分を含有したシャンプーを使用し頭皮にトラブルを起こした人や炎症や痛みがでてしまう人などは、天然素材を使用し低刺激な石けんシャンプーはよく合うでしょう。次に、石けんシャンプーが合わない人の特徴としては、頭皮の環境が乾燥している人です。洗浄力が高いため、余分に油脂を取り除いてしまうので使用はしない方がいいといえます。また、頭皮環境を整えるためその他の専門的なケアを続けている人は無理に変えない方がいいでしょう。髪の毛を染めている人はカラーの退色が早くなってしまいますので、あまりおすすめできません。

 

まとめとして石けんシャンプーを使用してみようかなと思った人へ

 

今まで石けんシャンプーについてメリット、デメリットや特徴などを説明してきました。最初は今までとの違いに違和感を覚えたり、髪がごわつくような気がするなど、ちょっと思っていたのと違うと感じるかもしれません。しかし3か月を目安に使用していくと驚くほどに髪の毛に変化が訪れるでしょう。ただし注意点として、使用して頭皮に違和感や痛みがでるなどの症状が出る人がいない訳ではありません。その際はすぐに使用を控えてください。石けんシャンプーに興味をもった人は是非チャレンジしてみてください。艶があり健康的な髪の毛、健康的な頭皮環境を目指しましょう。

 

 

石けんのOEM生産や沖縄石けんなら『First Penguin』

First Penguin(ファーストペンギン)

First Penguin(ファーストペンギン)

First Penguinでは、手作り石けんの販売からOEM生産までを行なっております。自社商品は「沖縄の大地の恵みが詰まった石けん」をコンセプトに「くちゃ」や「月桃」「シークワーサー」などの沖縄素材を使い「コールドプロセス製法」で1点1点手作りしています。OEM生産も承っておりますので是非ご相談ください。

石けんのOEM生産や沖縄石けんなら『First Penguin』

 

 


Top