オンラインショップ メール

グルメが楽しめるオススメの沖縄土産は?【食べ物・スイーツ編】

 

グルメが楽しめるオススメの沖縄土産は?【食べ物・スイーツ編】

 

 

この記事を読むための時間:15分

 

沖縄では南国ならではの気候を生かして、さまざまな食材が栽培されています。ココナッツや紅芋、パイナップルなどは沖縄の特産品の1つ。こういった地元の食材を使ったスイーツや加工食品も、観光客の間では大人気です。沖縄を訪れる機会があれば、ぜひご当地の食材を使ったお土産を購入してみましょう。グルメな方にもおすすめの品を、ここでは何点かピックアップしていきます。万人受けしやすい無難な品から少しユニークなお土産品まであるので、贈る相手に合わせて選んでみてはいかがでしょうか。

 

 

軽い食感が魅力「雪塩ふわわ」

 

沖縄、宮古島の海水からとれる塩を使ったスイーツが、雪塩菓房の「雪塩ふわわ」です。宮古島は、良質な塩がとれることで有名。海水をそのまま結晶化し、パウダー状に加工した塩がこちらのスイーツのベースになっています。「雪塩ふわわ」は卵白を使った軽いメレンゲ菓子で、口に入れるとふんわりとした食感が楽しめるのが特徴です。

 

このスイーツには、数種類のフレーバーがあります。沖縄らしさが感じられるのが、例えばココナッツのフレーバー。数あるフレーバーの中でも、ココナッツは人気第1位です。紅芋やマンゴー、黒糖など、他にもいろいろなフレーバーがあるので、お土産品を選ぶ際には一通り試食をしてみては。すべてのフレーバーが楽しめるアソートセットも発売されていることから、1点ずつテイストを試してからお気に入りを絞り込めます。ほんのりときいた雪塩の塩気が卵白のまろやかさを引き立てており、シンプルながら洗練された味に仕上がっています。洋風スイーツに詳しい、オシャレな方へのお土産にも最適な1品です。

 

リピーターが多い「元祖紅いもタルト」

 

 

御菓子御殿が発売する「元祖紅いもタルト」は、地元の沖縄をはじめ全国の博覧会で数々の賞を受賞している銘品。モンドセレクションでも何度か金賞をとっており、現在では定番の沖縄土産として有名です。こちらのスイーツは、沖縄特産の紅芋を使用しています。アントシアニンをたっぷりと含む紫色の紅芋を、あっさりとしたテイストに仕上げているのが「元祖紅いもタルト」の魅力。似たような商品は数あれど、一味違うと実感する方が多いのがこの「元祖紅いもタルト」です。

 

合成の添加物を一切加えていないため、体にも優しく、天然素材ならではのナチュラルなテイストが堪能できます。着色料も不使用となっており、自然のままの紅芋の色が楽しめます。子どもからお年寄りまで食べやすく、沖縄土産としてよく利用されているのがこちらの商品。ファミリーはもちろん、職場の同僚やご近所へのお土産にも重宝する1品となっています。リピーターも少なくなく、お取り寄せなどで引き続き購入している方が多い商品です。

 

 

絶妙なハーモニーが楽しめる「パイナップルちょこちんすこう」

 

沖縄に伝わるスイーツ、ちんすこうにパイナップルのテイストを加えたのが、名護パイン園の「パイナップルちょこちんすこう」です。ちんすこうは、バターの代わりにラードを加えて作るのが洋風のクッキーと少し異なる点。こちらの「パイナップルちょこちんすこう」には、パイナップル風味のホワイトチョコレートがかかっています。一口かじると、ホワイトチョコレートのまろやかな風味とパイナップルの甘酸っぱい香りが口の中に広がり、南国気分が満喫できます。

 

こちらのスイーツも、モンドセレクションで銀賞を受賞した逸品です。トロピカルな雰囲気が存分に味わえるので、幅広い年代の方に喜ばれる沖縄土産になるでしょう。ホワイトチョコレートの効果で、沖縄伝統のちんすこうが洋風のテイストに仕上がっています。適度にボリュームがあり、甘党な方へのお土産にも最適なセレクトです。食べやすいテイストなので、先方の好みが分からないときでも無難な選択になるでしょう。

 

 

爽やかさなテイストが人気「プリンセスムーンシークヮーサー」

 

御菓子御殿の「プリンセスムーンシークヮーサー」は、女性や子どもへの沖縄土産としてもおすすめのスイーツ。こちらのスイーツは、柔らかいスポンジ生地の真ん中にシークヮーサー風味のクリームが仕込まれています。柑橘系の爽やかな香りがきいたクリームは、洒落たテイストです。シークヮーサーは、沖縄を代表するフルーツの1つ。

 

ビタミンCが豊富で、さまざまなお土産品に使用されています。洋風のスイーツなので、シチュエーションを問わず利用できる沖縄土産になってくれます。甘みもさほど強くなく、ダイエット中の方でも気兼ねなく食べられるスイーツとなるでしょう。1個ずつ袋に入った個包装の商品となっているため、職場や学校で配るときにも面倒がありません。高齢者でも食べやすい食感なので、沖縄のお土産選びで迷ったときには選択肢に入れておくと便利です。

 

 

沖縄の食材が調味料に「島とうがらし入りトマトケチャップ」

 

沖縄料理では、コーレーグスと呼ばれる調味料がよく用いられます。コーレーグスは、沖縄で栽培されている島とうがらしを使った調味料。スパイシーなテイストが魅力となっており、いろいろな料理に活用できる万能調味料として知られています。琉球フロントの「島とうがらし入りトマトケチャップ」は、この島とうがらしをトマトケチャップに加えた商品。トマトは、アメリカ産の有機トマトを使っているため味は本格的です。

 

マイルドな辛さに仕上がっているため、普通のトマトケチャップと同じような感覚で使えます。ピザやパスタ、オムライスとの相性も抜群で、味にパンチが足りないときにすぐに使える便利な調味料です。添加物や化学調味料無添加となっていますので、使用するに当たっても安心できます。甘いものが苦手な方には、この手の沖縄土産も候補に挙がってくるでしょう。目先の変わったお土産品を探しているときにも、おすすめです。

 

 

ハブエキス配合のレトルトカレー「ハブカレー」

 

少しユニークな沖縄土産としてあげられるのが、南都酒造所の「ハブカレー」。沖縄の泡盛とハブから抽出したエキスを配合しているのが、この商品です。牛肉や数種類のハーブのエキスがベースになっているため、思いのほか食べやすいのが特徴になっています。見た目も一般的なレトルトカレーとほとんど変わらず、気軽に楽しめる沖縄土産です。

 

沖縄では、昔からハブを素材にしたハブ酒が滋養強壮の妙薬として用いられてきました。ハブ酒にはホルモンバランスを整える働きがあると言われているため、健康効果も期待できるのがこちらの「ハブカレー」です。インパクトのあるネーミングとは裏腹に、この「ハブカレー」は口当たりがよく、親しい方への沖縄土産として選んでみるのも楽しい試みです。話題性もあるので、職場や友人にプレゼントをしても注目を浴びる沖縄土産になるでしょう。現地の酒造メーカーが製造を手がけているため、品質もお墨付きです。

 

 

ご当地の食材を使ったお土産を選ぼう!

 

沖縄土産を探すときには、沖縄らしいテイストが味わえる品を選ぶのがおすすめ。食材が豊富な沖縄では、オリジナリティあふれるお土産を見つけることも不可能ではありません。リゾートの気分を味わえるような沖縄土産なら、喜ばれる可能性が高くなるでしょう。沖縄の食材を使った料理は、ヘルシーなだけでなくグルメが楽しめる料理としても注目を浴びています。シークヮーサーや紅芋などは、美容効果も期待できる食材です。旅行の前にはサイトの情報などを参考に下調べをしておき、現地でお目当ての品を購入しましょう。美容と健康に気を遣う女性に最適なお土産も、沖縄でなら容易に見つかるかもしれません。

 

沖縄はご当地名物のスイーツが少なくなく、甘いものが好きな方へのお土産品も見つけやすいです。ご紹介した「ハブカレー」や「島とうがらしトマトケチャップ」のような1品もあるので、選択肢は豊富です。商品を比較してみて、ぜひこれっといったお土産品を見つけてください。

 

 

石けんのOEM生産や沖縄石けんなら『First Penguin』

First Penguin(ファーストペンギン)

First Penguin(ファーストペンギン)

First Penguinでは、手作り石けんの販売からOEM生産までを行なっております。自社商品は「沖縄の大地の恵みが詰まった石けん」をコンセプトに「くちゃ」や「月桃」「シークワーサー」などの沖縄素材を使い「コールドプロセス製法」で1点1点手作りしています。OEM生産も承っておりますので是非ご相談ください。

石けんのOEM生産や沖縄石けんなら『First Penguin』

 

 


Top