オンラインショップ メール

石けんや化粧品にも使われている健康効果のある海洋深層水とは

石けん

 

石けんや化粧品にも使われている健康効果のある海洋深層水とは

 

 

この記事を読むための時間:15分

 

水というとミネラルウォータや水道水、雨水や海水、あるいは南極の氷などを思い浮かべがちですが、この他にも海洋深層水があります。海洋深層水は、先に挙げたいずれの水とも違った性質を持つ新しい資源として注目されており、様々な用途への活用が進められています。海洋深層水は海水と同じじゃないの、と思われるかもしれませんが、似ているようで全く違います。石けんや化粧品に使われている海洋深層水の特徴を知ることで、注目されている理由も理解してもらえることでしょう。

 

海洋深層水は世界を旅する

 

海洋深層水とは、太陽光が届かない海面下200m以下を流れている海水を指します。大西洋のグリーランドや南極で生まれることが知られており、それぞれ北大西洋深層水、南極底層水と呼ばれています。海洋深層水は1年で平均70cmずつ沈み込み、北大西洋や南極海からインド洋を経由して北太平洋まで、約1200年もの間、海洋をゆっくりと旅をするように巡り、溶解物質やガスを運びます。海深く循環する海洋深層水は、グローバルコンベアーベルトとも呼ばれており、地球や海に環境に大きな影響を与えています。

 

深海

 

海洋深層水は、海水表面と違った特徴がある

 

海洋深層水は、太陽光も届くことのない深海を1000年以上もかけて循環するため、表面海水にはない低温安定性、清浄性、豊富な無機栄養塩類が豊富という特徴があります。低温安定性は、水質の安定性に大きく関係しています。太陽光も届かないため温度の上昇下降の変化が小さく、長期間安定して高い水質を保持しています。

 

さらに清浄性も高いです。生活排水や工場排水などの影響を受けないため、化学物質による汚染も少ないという点に加えて、太陽光が届かないので赤潮などの原因となるプランクトンも成長できません。また生物に害を及ぼす雑菌も繁殖しにくため表面海水に比較すると1000分の1ほどと少なくなります。さらに表面海水から沈降してきた魚類の死骸が分解されて生じる無機栄養塩類が消費されないため、豊富に残存しています。

 

海

 

健康食品にも使われている海洋深層水

 

海洋深層水は安定した高い品質に加えて安全性も高く、豊富なミネラル成分を含んでいるため健康食品に利用されています。特に注目したいのが、ミネラルバランスの良さです。カリウムやカルシウム、マグネシウムなどが豊富に含まれていますが、海洋深層水がもつミネラルバランスは、人のミネラルバランスと非常に似ているため、体に馴染みやすく、吸収されやすいというメリットがあります。

 

すでに海洋深層水を原料にした飲料水も販売されており、毎日の食事や調理、お茶やコーヒーなどのブレイクタイムなどで、ミネラルウオーターのように使われています。海洋深層水は、塩分を排出するカリウムが豊富です。この特徴を活かして高血圧の方や高血圧予備軍の方などに飲用にも適しています。またカルシウムやマグネシウムも豊富です。アトピーの原因の一つであるミネラル不足を解消する手助けにもなるため、さまざまな皮膚トラブルを抱えている方の健康飲料としても注目です。

 

海洋深層水を積極的に活用している沖縄

 

日本でも海洋深層水が注目され、様々な用途で活用されています。特に有名なのが沖縄でしょう。沖縄といえば、1年を通じて温暖な気候、ゆったりと流れる時間、まるで宝石のように美しいエメラルドブルーの海を思い浮かべますが、海洋深層水の活用においても日本を代表するエリアです。沖縄での海洋深層水利用の特徴は、沖縄特産の海ぶどうや車海老、もずくなどの海藻類の洗浄、牡蠣養殖などの水産業ですでに利用されています。

 

またタラソテラピーの温浴施設、塩・飲料・食品などの製造、ほうれん草などの野菜栽培、さらに温度差発電の研究も進められるなど幅広く活用されており、沖縄産業に大きな存在感を示してます。たくさんの海洋深層水を使用するとなくなってしまうと思われるかもしれませんが、海洋深層水は地球の海の95%以上、約12.3億km3もあることや海洋を循環しているため、尽きることもありません。

 

海岸

 

海洋深層水を配合First Penguinの手作り石けん

 

手作り石けんのFirst Penguinは、沖縄の古都・首里城の城下町にあります。誰もが安心して使うことのできる石けんや化粧品を製造しており「勇気を持って行動し、先の見えない確実な状況にも一歩を踏み出せる経営者」を意味するFirst Penguinと名付けられました。First Penguinの手作り石けんは、沖縄で取れた海洋深層水を配合しており、肌に馴染みながらしっかりと汚れを落とし健康で清潔な生活を実現します。手作り石けんに独自の成分を配合しました。

 

その特徴的な成分が古代の泥「くちゃ」です。このくちゃは、海底に堆積した古代の泥が長い年月をかけて隆起したもので、歴代の琉球王朝時代の王妃が愛した美肌素材として知られており、日本列島を見渡しても他にはない沖縄独自の天然資源です。世界でトップクラスの細かい粒子があるため、肌の隅々まで入り込みます。また高い吸着性を持つため、毛穴に入り込んだ汚れを吸い付くように取り除き、きれいに洗い流してくれます。沖縄の天然成分主体の自然石けんは、脂質代謝が活発な思春期の子どもたち、乾燥肌で困っている方など、肌に丁寧なケアを求める人や刺激を抑え、健康な肌をめざす方に利用してもらえます。

 

全て手作り First Penguinの石けん

 

First Penguinは、天然原料と手作り石けんにこだわっています。原料には、天然由来の成分を配合しました。保湿効果のあるオリーブオイル、石けんの硬さを調整するパームオイル、石けんの泡立ちや細やかさを調整するココナッツオイル、保湿力が高く透湿性が良いホホバオイルなどを配合した天然成分石けんです。また水には不純物が少なくミネラル分が豊富な沖縄の海洋深層水を配合、精製水も不純物がないものを使っています。手作りが、First Penguinのこだわりです。機械製造とは違った優しい仕上がりを目指しており、製造工程のベースの液体をつくる段階からベースを固めるまでを手作業で行い、最後に機械によるカッティングをします。またFirst Penguinの石けんは、カッティング後に保管庫で1ヶ月間熟成させ、製造工程で使用された苛性ソーダを完全に飛ばしてからパッケージし出荷しています。

 

化粧品のOEM生産ならFirst Penguinへ

 

First Penguinは、化粧品のOEM生産に力を入れています。OEM生産の特徴となるのが、沖縄独自の天然資源である「くちゃ」とミネラル豊富な海洋深層水です。くちゃは、肌の隅々や毛穴に入り込む細かい粒子と汚れを吸着してくれるので、オリジナルなクレンジングやジェル、パック用品などのOEM製造を検討している場合におすすめしたい成分です。また沖縄で取水した海洋深層水もOEM製造に利用してもらえます。人の体に近いミネラルバランスなので、肌に馴染み、浸透しやすいため、基礎化粧水や美容液、乳液などに配合すれば、肌トラブルの改善や美肌を目指すオリジナル化粧品を開発できます。

 

女性の肌トラブルに合わせたOEM生産にも対応しています。10代女性のニキビ肌や、20代女性の肌トラブルの上位を占める毛穴の黒ずみ、30代女性で感じやすいシミやクスミ、40代女性の乾燥肌やかさつき、毛穴の開きなどの解決につながるピンポイントなOEM生産においても、くちゃや海洋深層水が威力を発揮します。もちろん男性の肌トラブルに対処するメンズスキンケア用品のOEM生産、また日焼け止めなどのUVケア用品のOEM生産に対応していますので、化粧品やスキンケア用品のOEMを検討するならFirst Penguinにご相談ください。沖縄独自の天然成分と海洋深層水が、オリジナル化粧品やスキンケア用品開発をサポートします。

 

 

 

石けんのOEM生産や沖縄石けんなら『First Penguin』

First Penguin(ファーストペンギン)

First Penguin(ファーストペンギン)

First Penguinでは、手作り石けんの販売からOEM生産までを行なっております。自社商品は「沖縄の大地の恵みが詰まった石けん」をコンセプトに「くちゃ」や「月桃」「シークワーサー」などの沖縄素材を使い「コールドプロセス製法」で1点1点手作りしています。OEM生産も承っておりますので是非ご相談ください。

石けんのOEM生産や沖縄石けんなら『First Penguin』

 

 


Top