オンラインショップ メール

知って得する!コールドプロセス製法による石けんのOEM生産

石鹸

 

知って得する!コールドプロセス製法による石けんのOEM生産

 

この記事を読むための時間:30分

 

石けんにはコールドプロセス製法・ホットプロセス製法・中和法など、さまざまな作り方が存在します。質の高い石けんを作りたい場合は、コールドプロセス製法が向いています。しかし、コールドプロセス製法は優れた職人の力が必要不可欠です。そんな時、OEM生産を利用すれば石けん作りのノウハウがなくても商品を製造することができます。今回はFirst PenguinのOEM生産について紹介した上で、コールドプロセス製法やOEM生産の魅力に迫ります。

 

 

First Penguinは石けんのOEM生産に対応しています

 

First Penguinは沖縄の自然素材をふんだんに使用して、手作り石けんのOEM生産を行っています。手作り石けんは1つずつ形や香りに個性があり、安心・安全な商品を製造することが可能です。沖縄の魅力を伝える先駆者を目指して、あらゆる要望に対応しています。

 

 

小ロットから承ります

 

OEM生産に関しては小ロットからの注文も受け付けています。具体的には最小ロット数が50個、価格は400円からです。最小ロット数を低く設定しているため新商品の開発やお試し販売など、さまざまなシーンで利用しやすくなっています。小規模な機器を使った手作り石けんに力を入れているからこそ、小ロット生産を可能にしています。

 

沖縄素材を使った石鹸も可能です。

 

特にこだわっている成分は「くちゃ」「月桃」「シークワーサー」の3種類です。全て沖縄の自然素材で、FirstPenguinならではの商品に仕上がります。

 

「くちゃ」について

 

くちゃは琉球王朝時代に上流階級の女性達から美容成分として注目されていた成分です。1度海の底に堆積して長い時間をかけて隆起した、粒子の細かい泥がくちゃとなります。海の底に堆積していた時間があるため、豊富なミネラルを含んでいます。肌のハリがなくなった人はくちゃに含まれているケイ酸や酸化アルミニウムによって、若々しい肌を取り戻せるかもしれません。くちゃは吸着性に優れ、100ミクロン以下の微粒子で毛穴の奥の汚れまでしっかり洗い流します。男性から女性、子供から高齢者まで肌質を問わず利用できることがくちゃの魅力です。

 

泥パック

 

「月桃」について

 

月桃は熱帯・亜熱帯地方に生息しているショウガ科ハナショウガ属の植物で、夏に白色の花を咲かせます。芳香植物に分類されるほど独特の香りがあり、匂いを楽しむことができます。赤ワインの約34倍となるポリフェノールが豊富に含まれているので、アンチエイジングに効果的です。ポリフェノールは優れた抗酸化作用があり、細胞が劣化することを防いでくれます。その他に高血圧予防やアレルギーの改善にもポリフェノールが役立ちます。また、月桃にはコラーゲンの合成をサポートする成分があり、肌にハリを与えてくれるでしょう。

 

「シークワーサー」について

 

シークワーサーは柑橘類の一種で、ダイエットで高い効果を発揮します。細胞の肥大化を防ぐノビレチンと、脂肪分解酵素の分泌を促すシネフリンを含んでいることが特徴です。どちらも体内に蓄積された脂肪の燃焼を促進させるため、太りにくい体を作ることができます。また、コラーゲンの生成を促進させ、優れた抗酸化作用によって老化を防ぐビタミンCも豊富です。

 

これらの沖縄美容成分を配合した石けんのOEM生産を行うことができます。くちゃ・月桃・シークワーサーの効果を最大限に生かせるように、First Penguinでは昔ながらのコールドプロセス製法を採用しています。大量生産では成し得ない、手作り石けんならではの上質な商品を製造することが可能です。委託者にとってリスクの低い小ロットOEM生産を行っているので、是非検討してみてください。

 

石けんの作り方ガイド!コールドプロセス製法とは?

 

石けん作りの基礎知識

そもそも石けんはけん化・カッティング・乾燥という順番で製造されます。主な材料は油脂となるオイルと、けん化を引き起こす水酸化ナトリウム(苛性ソーダ)です。油脂と水酸化ナトリウムを化合すると、化学反応が起こって発熱します。すると、油脂は脂肪酸と保湿成分のグリセリンに分離し、徐々に固化が進んでいきます。固まったらカッティングし、乾燥させることがポイントです。完成直後の石けんはけん化の時に使用した水酸化ナトリウムがまだ残っています。水酸化ナトリウムは強アルカリ薬品に分類され、肌にダメージを与える可能性があります。乾燥させれば水酸化ナトリウムがなくなるため、安全な石けんになるまで熟成させるのです。

 

firstpenguin

 

★ホットプロセス製法★

大手メーカーで多用されているのは「ホットプロセス製法(釜炊きけん化製法)」です。温度を高めるほどけん化がスピーディーに進むことを生かして、短時間で石けんを作ることに特化しています。しかし、油脂は熱によって酸化するため、完成した石けんにはオイルの成分がほとんど含まれていない点に注意が必要です。ちなみに、石けん成分だけを取り出す「塩析」によって、保湿成分のグリセリンも除去されています。グリセリンは石けんを柔らかくする物質なので、ホットプロセス製法で作られた石けんは非常に硬いです。型崩れしにくく、短時間で作れることがホットプロセス製法のメリットとなります。

 

★中和法★

大量生産を行っているメーカーが取り入れているのは「中和法」です。けん化が短時間で済むホットプロセス製法以上に、大量生産に向いています。中和法は事前にオイルを脂肪酸とグリセリンに分けて使用します。不純物が入っていない状態からスタートするので、塩析は不要です。石けん成分100%の素地を作ってから化学添加物を加え、石けんの洗浄力を弱めます。化学添加物の代表的な例は、防腐剤・酸化防止剤・色素・香料です。酸化しにくく色や香りの良い商品を作れることが中和法の魅力となります。

 

★コールドプロセス製法★

ホットプロセス製法や中和法など、石けんの基本的な作り方を理解すれば「コールドプロセス製法(冷製法)」の特徴が分かりやすいです。コールドプロセス製法はオイルと水酸化ナトリウムを混ぜた時に発生する熱を生かして、けん化を行います。けん化は温度を上げるほどスピーディーに進みますが、けん化によって発生している熱はそれほど高くありません。コールドプロセス製法は、けん化が緩やかに進むことが特徴です。オイルなどの油脂は過熱に弱い成分が多いものの、コールドプロセス製法ならオイルに含まれている成分をそのまま石けんへ取り込めるため美容効果が高まります。副産物であるグリセリンが石けんに含まれているので、保湿力が高いこともコールドプロセス製法ならではの魅力です。

美容効果は使用するオイルによって異なりますが、肌にハリやツヤを与える・老化防止・バリア機能のサポートなどが例として挙げられます。石けんで体を洗った時に成分が肌に吸収され、さまざまな美容効果を得られます。肌を保湿するグリセリンが含まれているので、肌にダメージを与える危険性が低いです。さらに、First Penguinが取り入れているパームオイルやココナッツオイルは、石けんの硬さや泡立ちにも関係しています。オイルの成分をより多く石けんに閉じ込めた方が高品質な商品になることは明白です。コールドプロセス製法は原料の成分を破壊せず、体に優しい石けんを作れる製法と言えるでしょう。

 

基本的に原料は自由に決められるので、オリジナルの石けんを作りやすいです。ターゲット層を意識した商品が展開できるため、売上アップに繋がる可能性もあります。ホットプロセス製法や中和法以上に、コールドプロセス製法は安全性の高い石けんを作ることができます。無添加石けんやオーガニック石けんを作る方法もアリです。オイルには抗酸化作用を持った種類があるため、化学添加物を加える必要がありません。昔ながらのコールドプロセス製法は丁寧に石けんを作る分、デメリットが非常に少ないのです。

 

石鹸

コールドプロセス製法の流れ

コールドプロセス製法は原材料の計量を行った後、オイルと水酸化ナトリウムで別々に作業を行います。ちなみに、First Penguinではオリーブオイル・ホホバオイル・ココナッツオイル・パームオイルの4種類を混ぜて石けん素地を作っています。そこへ不純物が少ない海洋深層水と精製水を混ぜていることがFirst Penguinのこだわりです。オイルは湯煎で溶かし、水酸化ナトリウムは精製水を加えて発熱させます。どちらも高温状態となるので温度を下げ、オイルで作ったベースと水酸化ナトリウムを組み合わせます。クリーム状になるまで約1時間混ぜ続けることがポイントです。石けんはしっかり混ざった時に「トレース」と呼ばれる跡が残り、混ぜ終えるタイミングは職人の腕によって決まります。First Penguinには手作り石けんを熟知している職人がいるため、絶妙なタイミングで石けん素地を固める作業へ移ることが可能です。

 

型へ石けん素地を入れて、約3日間固まるのを待ちます。固まったら専用の機器でカッティングを行い、約1ヶ月乾燥させるという流れです。最後は石けんにパッケージをつけて、商品を発送できる状態となります。コールドプロセス製法はけん化や乾燥の段階で、次の作業へ移るタイミングを見極めることが大切です。使用している素材によってベストなタイミングが異なるため、職人の技術が求められます。First Penguinは手作りで数々の石けんを作った実績があり、安心・安全で高品質な商品作りを行っています。コールドプロセス製法は職人の技術が必要なので、メーカーの質が高いことを示すポイントと言えるかもしれませんね。

 

 

どのような仕組みになっているの?OEM生産と外注の違い!

 

★OEM生産とは?★

OEM生産は「Original Equipment Manufacturing(オリジナル・エクイップメント・マニュファクチャリング)」の略称です。First Penguinのようなメーカーが商品を製造し、別の会社へ商品を供給するのがOEM生産の基本的な仕組みとなります。メーカーへ商品の製造を依頼した企業及び個人事業者を「委託者」、製造を請け負ったメーカーを「受託者」と表現します。簡単に言えば商品の企画と販売を委託者、製造を受託者が担当するということです。企業やメーカーには商品開発・製造・販売など、それぞれ得意分野があります。例えば販売を得意としている企業は宣伝に関する知識や技術に長けていますが、製造に関しては知識が乏しいことも少なくありません。商品開発から販売まで全て自社で行えば成功した時に大きな利益を生むものの、莫大な予算と人員が必要です。余程資金に余裕のある大手企業でない限り、全ての工程を担当することは難しいでしょう。

 

そこで、苦手な分野を他社へ任せるというのが、OEM生産の考え方です。販売を得意とする企業は商品の製造を他社へ任せれば、苦手を克服することができます。商品が納品されたら後は販売するだけなので、自分達の宣伝力を使って簡単に商品を売ることが可能です。逆に製造を得意とするメーカーは、販売力に関する知識を持っていないケースが多く見られます。受託者となるメーカーは販売力のある委託者と組むことで、より多くのお客様へ商品を届けることができます。ただし、商品は委託者の名前で販売される点に注意が必要です。受託者は委託者のブランド力を借りるため、委託者の商品としてお客様の手元に届きます。製造した商品は委託者が買い取り、その時点で受託者は利益を上げることができます。つまり、委託者は販売元、受託者は製造元となるのです。

 

ビジネスパートナー

 

★OEM生産と外注の違い★

OEM生産が最も頻繁に活用されているのは自動車業界です。さまざまな自動車が販売されていますが、同じような名称・形状の商品を見かけることがあります。あれはメーカーが自社商品を他社へOEM供給している代表的な例です。一方で自動車業界は「外注」が多い特徴があります。1台の自動車を製造するためには、数多くの部品を用意しなければなりません。それぞれの部品は性能や形状が違うので、全て自社で製造するなら大規模な設備と施設が必要です。そこで、企業の多くがネジ・エンジン・カーナビといった自動車の部品を外注して他社で製造しています。企業は納品された部品を組み合わせるだけなので、大幅にコストダウンできます。

 

企業や人によっては「外注=OEM生産」と考えているケースもありますが、厳密に言えば仕組みが違っています。例えばネジを作っているメーカーA、小型車の製造・販売を行っている企業B、大型車を製造・販売している企業Cがあったとしましょう。企業BはメーカーAからネジを納品して貰い、小型車を製造しています。しかし、小型車を販売する時は企業Bの名前で売り出します。企業Bが販売している小型車が、ネジだけを製造しているメーカーAのものになることはありませんよね。これがよく耳にする外注の仕組みです。

 

では、企業Cが大型車を企業Bへ供給し、大型車が企業Bの名前で販売されたとします。先程と同じで商品は企業Bの名前で市場に出回っていますが、大型車自体は企業Cのものです。企業Bは大型車を許可なく改良する、または同じようなモデルを製造することはできません。OEM生産は商品だけではなく、大型車を製造する技術まで企業Bに伝授しています。契約の段階で改良しない・競合となるモデルを製造しないといったルールが決められているので、企業Bはルールに従った上で大型車を販売する必要があります。つまり、OEM生産と外注では、商品の主導権を握っている所が違うのです。OEM生産は受託者であるメーカー、外注は商品を販売している委託者の意見が尊重されます。

 

積み重ね

 

OEM生産とODM生産

 

★ODM生産とは?★

OEM生産の仕組みを紹介しましたが、実はODM生産という方法も存在します。「Original Design Manufacturing(オリジナル・デザイン・マニュファクチャリング)」の略称で、中国の企業で頻繁に活用されています。OEM生産は委託者が商品の開発と販売を担当すると述べましたよね。しかし、ODM生産では委託者が商品の販売だけを行い、受託者が開発と製造を行うことが大きな違いです。優れた技術を持っている受託者であれば、開発から販売まで一貫して行うこともあります。ちなみに、開発から販売まで受託者が行っていても、商品は委託者の名前で販売されます。受託者はより多くの人へ商品を販売するために、委託者のブランド力を利用しているのです。新しい商品を開発するには、アイデアとサンプルを作る設備が求められます。特にアパレル業界はサンプルを作る時にデザイナーやパタンナーを雇用する、または一時的に雇う必要があります。商品開発は失敗することも多く、予想以上に費用がかかるものです。ODM生産なら他社が開発と製造を行ってくれるので、委託者はほとんど手間をかけずに商品を販売できます。人件費や設備投資を最小限に抑えることで、他の事業に資金を回すことが可能です。開発が苦手な場合は思い切って他社の力を借り、販売力を高めていけば将来的に売上がアップするかもしれません。

 

★【OEM生産篇】委託者と受託者の関係性★

OEM生産とODM生産の違いが分かりにくい場合は、それぞれの委託者と受託者の関係性を知れば理解しやすいです。まず、OEM生産には主に3つのパターンがあります。価格を重視する場合は優れた技術を持った企業が、実績の少ないメーカーと手を組む「垂直的分業」が最適です。委託者と受託者の間に明確な上下関係が存在するため、委託者主導で商品を製造することができます。ハイクオリティな商品を製造したい場合は、委託者と受託者が同じレベルの「水平的分業」が向いています。どちらか一方が主導権を握ることはできませんが、メーカーの優れた技術によってスピーディーに商品を製造できることが特徴です。「相互乗り入れ」はIT企業とおもちゃ製造メーカーというように、違う分野で活躍している企業が手を組む方法となります。互いのノウハウを伝授し合うことで、斬新な商品を製造できる可能性があります。このように3つのパターンがありますが、OEM生産は委託者が主導権を握るケースが多いです。商品の開発を担当しているのは委託者なので、受託者はサンプルを作った時も委託者の意見を聞く必要があります。水平的分業や相互乗り入れは明確な上下関係がないものの、基本的には委託者の意見に従って商品を製造していきます。

 

★【ODM生産篇】委託者と受託者の関係性★

一方のODM生産では、商品の開発を担当しているのが受託者です。委託者のコンセプトに従って商品を開発・製造しますが、受託者の意見が優先されることも少なくありません。なぜなら委託者は開発と製造に関するノウハウを持っていないからです。つまり、受託者は委託者以上に優れた知識と技術を持っていることを意味します。開発から販売まで行っている受託者なら、ほぼ委託者と対等な立場になるでしょう。このように商品尾開発を担当している所や、委託者と受託者の関係性にOEM生産とODM生産の違いがあります。

 

ビジネスマン

 

委託者のリスクが少ない⁉OEM生産のメリット&デメリット

 

★委託者のメリット★

委託者はOEM生産をすることで、商品を製造するコストや手間がかからないことが最大のメリットです。技術の高いメーカーを選べば、自社で製造するより高品質な商品を展開できる可能性もあります。大規模な工場設備が必要なく、初期費用を大幅に抑えられます。特に経済的に余裕のない中小企業が積極的に活用していることが特徴です。中小企業は人気の高い商品をOEM供給して貰えば、販売する前から一定の利益を見込めます。さらに、生産量及び在庫数を調整しやすいことがポイントです。自社製造の場合、開発・製造・販売でそれぞれの部署へ人員を割く必要があります。しかし、OEM生産なら商品の製造を他社に任せているので、商品を大量に生産することが可能です。商品が大ヒットした時も在庫がなくなる心配がなく、最大限の利益を得られるでしょう。また、開発は自社で行っているため、商品開発に関するノウハウが蓄積されます。開発と販売だけに集中して営業できることがOEM生産のメリットです。

 

★受託者のメリット★

これまで述べたOEM生産の仕組みを見ると、委託者だけにメリットがあるように感じるかもしれません。しかし、実は受託者にもメリットがあります。受託者となるメーカーは商品を生産することを得意としています。商品の人気が出れば生産力を生かせますが、事業を始めたばかりのメーカーは生産力を持て余しているケースが多いです。OEM生産なら知名度のある企業の商品を担当し、技術を高めることができます。商品は委託者が買い取ってくれるので、利益も安定しますよね。その商品がヒットすればさらに稼働率が上がり、多くの利益を得られるでしょう。また、商品の需要が低くなっても、一定量の商品は製造し続けます。つまり、受託者に技術がなくても安定した利益を得られることが最大のメリットなのです。

 

工場

 

発注ロット数とは?小ロット生産の魅力

 

★発注ロット数★

OEM生産など、商品を発注する時に「ロット数」という言葉をよく耳にします。ロット数は製造業界で使用されている、特別な単位と考えてください。語源は「lot」で、「たくさん」という意味があります。ちなみに、石けんに関しては1釜あたりで発注ロット数を決めている所が多いです。例えば1釜で石けんを50個製造できる場合、メーカーはロット数を50に設定します。委託者は「1ロット=50個」で石けんの発注を行うため、50個・100個・150個というように生産数を決めることができます。一般的な製造業であれば、60個や70個など半端な数字では発注できません。

 

しかし、石けんは油脂や水酸化ナトリウムの量を変えれば、1釜で40個作ることも可能です。石けんのサイズが小さいことから、商品数が減っても梱包しやすくなっています。このような理由から石けんのOEM生産を行っているメーカーは細かく発注ロット数を設定し、柔軟に対応している所が多く見られます。製造業界で発注ロット数を設けている最大の理由は、ミスが生じにくいからです。石けんを10000個発注する場合、メーカーは慎重に発注数をチェックする必要があります。しかし、「1ロット=1000個」に設定すれば10ロットとなり、簡単に発注数を知ることができます。発注数に基づいて商品を製造するので、発注数が分かりやすいのは非常に大切なことです。また、商品によっては「個」「足」「本」など、単位が変化します。ロットで統一すれば単位を考える必要がなく、非常に便利です。

 

★小ロット生産のメリット★

メーカーは効率良く商品を製造するために、最小ロット数を決めています。「1ロット=50個」の場合は、最小ロット数は50個です。50個や60個など最小ロット数ギリギリで発注することを「小ロット生産」と呼びます。小ロット生産は発注数が少ないので、生産数や在庫数をより一層調整しやすくなります。委託者は小ロット生産を行うことで、在庫数を減らせることがメリットです。在庫数が減れば商品が余るリスクが低く、大規模な倉庫を用意する手間とコストがかかりません。万が一商品が売れ残った場合でも、最小限の損害で抑えられます。逆に商品が大ヒットした場合は小ロットで生産しているため、簡単に生産数をアップできます。また、1つの商品に対して莫大な費用がかからないことも小ロット生産の特徴です。例えば最小ロット数が1000個の場合、委託者は最低でも商品1000個分の費用を受託者へ支払う必要があります。最小ロット数が50個の小ロット生産可能なメーカーであれば、費用が20分の1で済みます。資金面で余裕がある場合は、ピンク50個・ブルー50個・イエロー50個というように商品を展開することも可能です。

 

実は受託者にとって、小ロット生産は非常に手間がかかります。しかし、First Penguinは委託者と良い関係を築くために、委託者のリスクが少ない小ロット生産を行っているのです。また、小ロット生産は、大量生産以上に職人の技術を高められるメリットがあります。大量生産なら複数のメーカーに発注するケースもありますが、小ロット生産は基本的に1つのメーカーと契約を結びます。在庫数が少ないため、トラブルが起こったら一大事です。メーカーはトラブルを未然に防げるように職人の育成を徹底し、問題点があった場合は速やかに改善します。小ロット生産でさまざまな企業の商品製造に携わることで、バリエーション豊富な技術を磨くことができます。First Penguinは適度な緊張感を持って商品を製造しているので、安心・安全な商品を速やかに納品します。

 

信頼

 

石けんの小ロットOEM生産ならFirst Penguinへ!

 

First Penguinではコールドプロセス製法・OEM生産・小ロット生産、3種類のメリットが豊富な製法を取り入れています。特にOEM生産と小ロット生産は委託者のリスクが低いので、非常に便利です。さらに、委託者のオリジナル商品のOEM生産をお手伝いするだけではなく、First Penguinの商品に委託者のラベルをつけて提供するサービスを実施しています。沖縄県の自然素材を使った手作り石けんをそのまま自社の商品として販売できるため、開発の手間がかかりません。つまり、OEM生産とODM生産の両方に対応しているということです。

 

First Penguinにはこだわり成分のくちゃ専用のコンベクションオーブンがあり、殺菌を行っています。化粧品レベルのきめ細やかな素材となるため、安心・安全でハイクオリティな石けんを販売できます。First Penguinの既存商品に関してはサンプル品を無料で提供しているので、是非1度ご連絡ください。

 

 

 

石けんのOEM生産や沖縄石けんなら『First Penguin』

First Penguin(ファーストペンギン)

First Penguin(ファーストペンギン)

First Penguinでは、手作り石けんの販売からOEM生産までを行なっております。自社商品は「沖縄の大地の恵みが詰まった石けん」をコンセプトに「くちゃ」や「月桃」「シークワーサー」などの沖縄素材を使い「コールドプロセス製法」で1点1点手作りしています。OEM生産も承っておりますので是非ご相談ください。

石けんのOEM生産や沖縄石けんなら『First Penguin』

 

 


Top